時をつむぐ会について

私たちは絵本・児童文学を通して「子どもたちの健やかな成長」と「地域文化の向上・発展」をめざし、様々な取り組みを行っています。 ニュース・会報の発行・勉強会・講演会・絵本原画展など多くの人たちに感動を伝え、次の世代を担う子どもたちを育む環境作りを行っています。 「絵本は、子どもが出会う最初の"文学"であり"芸術"です。繰り返し読んでやる事で子どもの叡智を養います。」を合言葉に、 ともに学び合い、今後も長く活動を続けたいと願っています。

時をつむぐ会は、「絵本原画展」をはじめとする様々な活動により、一ボランティアの枠を超え、自治体事業と積極的に関わり、 地域文化の向上に貢献している点が評価され「第八回 高橋松之助記念 文字・活字文化推進大賞」を受賞しました。

◇◇本の家 ホームページ はこちら◇◇

絵本原画展のあゆみ

1994年に会をおこし、翌年1995年に第1回目の原画展を開いて以来、これまで22回の原画展を開催してまいりました。 これまでの原画展で展示してきた絵本を紹介します。(画像をクリックで拡大表示します。)

歩み1 歩み2 歩み3
歩み4 歩み5 歩み6
歩み2015 歩み2015 2015年開催時のHPはこちら
歩み2016 歩み2016 2016年開催時のHPはこちら